質問箱「能の泉」第8回

能の泉

能とオペラは歌う劇という点で似通っていますが、演者の配役の仕方に違いはありますか。

大いに御座います。
先ずオペラは男の役は男が演じ女の役は女が演じますが、能は、元来男が演じる芸能として磨き抜かれて来たものなので、プロの能は男の役も女の役もすべて男が演じます(明治以降出現した女性能役者の催しは女流能と称されて、男性のそれとは一線を画されています)。

又オペラの役者は出せる声の高さ(声域)によって男はテノール、バリトン、バス、女はソプラノ、メゾソプラノ、アルトに分類され、作曲者の指定する声域の役しか歌いません。しかも声の質によって向き不向きも有る程度決まっていて、向いた役の中からレパートリーを選ぶのが普通です。

それに対して能の世界では、歌う声の高さは役者のお任せとなっており、又、声の質で役を選ぶということもありません。つまり能役者は、老若男女はもとより、
どのような性格の役でもこなすことが要求されるのです。

更に又能の世界では、役者は芸系によってシテ方、ワキ方、狂言方の三つのグループに分類され、能作者があらかじめ指定したシテ方の持ち役(シテやツレ)、ワキ方の持ち役(ワキやワキヅレ)、狂言方の持ち役(アイ)をそれぞれで演じることになっています。そしてこの三つのグループは、シテ方は五流、ワキ方は三流、狂言方は二流と芸風の異なる流儀で構成されており、演能に当たっては一つのグループは必ず一つのグループの流儀だけで仕切る決まりになっています。因みにこれらの役割分担の垣根をすべて取り払い、囃子方も含めてやりたい役を自由に選んで(或いは押しつけられて)にわか仕込みの能を演じることがあります。祖先祭や記念の催しなどで企画される一種のお祭り騒ぎで、これを乱能といいます。

(副会長 宝生流 村上良信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました