仙台市能楽振興協会

お知らせ

「囃子と仕舞の会」のお知らせ(令和元年11月10日開催)

「囃子と仕舞の会」は仙台市能楽振興協会の年間恒例行事の一つです。 仕舞は、曲の中で最も鑑賞に値する部分を取り出し、シテ(主役)が合唱の部(地謡)によって、戯曲的な内容を紋服・袴のままで表現するものです。 能の稽古は仕舞から始まる...
2019.10.20
報告

「第11回 瑞鳳殿秋の能楽」を開催しました(令和元年10月6日)

仙台市能楽振興協会では、公益財団法人瑞鳳殿さまと同時主催により「第11回 瑞鳳殿秋の能楽」を開催いたしました。 大勢の皆さまからご来場頂き、心より感謝申し上げます。 当日は、雨が心配されましたが、好天に恵まれ無事開催することができました...
お知らせ

「能への誘い」のお知らせ(令和元年11月12日開催)

この公演は毎年株式会社寛松能(かんしょうのう)が主催している公演で、今回が10回目となります。 株式会社寛松能は、仙台市能楽振興協会に会派登録している「仙台喜章会」を指導している能楽師の 佐藤章雄、佐藤寛泰親子が主催しております。 ...
2019.10.01
お知らせ

「第38回 市民能楽講座」のお知らせ(令和元年12月1日開催)

仙台市能楽振興協会・仙台市・公益社団法人仙台市市民文化事業団では、「第38回 市民能楽講座」を開催します。 日時 令和元年12月1日(日)14時開演(開場13時) 番組 宝生流...
2019.09.23
お知らせ

「第11回 瑞鳳殿秋の能楽」のお知らせ(令和元年10月6日開催)

仙台市能楽振興協会では、公益財団法人瑞鳳殿さまと同時主催により「第11回 瑞鳳殿秋の能楽」を開催いたします。 「瑞鳳殿秋の能楽」は、平成18年11月18日に能を愛した仙台藩祖伊達政宗公を慰霊するため、政宗公の霊廟 瑞鳳殿で、「雪待月 ...
報告

能のおけいこ体験講座を開催しました

仙台市能楽振興協会では、平成31年4月8日(月)~令和元年8月6日(火)にかけて、「能のおけいこ体験講座」を開催しました。 観世流「橋弁慶」「竹生島」の謡 講師 加藤 勇[仙台市能楽振興協会] 日時 4月8日(月)、4月1...
2019.08.07
報告

能を楽しもう! EnjoyingNoh! の報告

仙台市能楽振興協会では、外国人のための能楽講座「能を楽しもう!」~はじめての方のトレーニング~ ”EnjoyingNoh!" A Workshop For Beginners を開催しました。 日時 ...
能の泉

質問箱「能の泉」第11回

問 能の伝統は今日までどう守られられて来ましたか。 答 江戸式楽の伝統を色濃く残す宝生流を例にお答えしましよう。 まず台本ですが、宝生では長年観世の謡本を直して用い、寛政時代に水戸藩一橋家裕筆の執筆した自前の謡本を刊行、その後嘉...
能の泉

質問箱「能の泉」第10回

問 能面の意味を教えて下さい。 答 太古に興った呪術の面が、我が国のみ洗練に洗練を重ね、能面に姿を変えて今日に伝わりました。 能草創期には面(おもて)の種類も少なかったようですが、室町以降曲柄に応じ年齢、性格、品位の異なる種々の...
能の泉

質問箱「能の泉」第9回

問 なぜ能の動作はゆっくりなのですか。 答 能のテレビを見た3歳3ヶ月の末息子に質問されました。「お父さま、どうして能はゆっくりなんですか」と。とっさに、「重々しさ恭しさを現すとゆっくりになるんだよ」と答えました。能にどっぷり漬かって...
タイトルとURLをコピーしました